犬の歯磨きの重要性。すぐにできる歯磨きの仕方やおすすめの便利グッズ

犬にとって、噛むということはとっても大事。なぜなら、噛む行動は犬の大事な本能の一つだからです。しかし、何かの拍子でその噛む行動ができなくなってしまうという恐れもあります。

それが虫歯や歯周病など、歯に関する病気です。虫歯になったことのある人ならわかると思いますが、とても痛いですよね。犬だって例外なく虫歯は非常に痛い物です。

そこで、この記事では歯磨きの方法や便利グッズ、そしてもしもの時の対処法に焦点を当てながら、紹介していこうと思います。

犬に歯磨きは必要不可欠!

イヌは虫歯や歯周病なおで食欲不振になったり、あまり遊ばなくなったり、本能である噛むことができないので、ストレスが溜まってしまうことも。

そのストレスが転じて他の病気になってしまったりもするので、ただの虫歯だといって侮ってはいけません。また、虫歯ではなく、歯周病でも飼い主さんのストレスや二次感染などに繋がるので放置はNG。

もちろん、食べるものがまったく違うので、歯の病気になる確率やケースは人間よりも圧倒的低いです。しかし、みなさんの愛犬がかからないかというとそうではありません。まったく他人事ではないので注意しましょう。

そんな歯の健康を維持するために、飼い主さんができることが一つあります。誰にだってできる簡単なことです。

それが「歯磨き」。

人間だって、食べた後や寝る前は歯磨きをしますよね。犬の場合は毎日とは言わないまでも、定期的に歯磨きをすることによって、その病気リスクが格段に軽減されます

それにも関わらず、歯磨きなんてやらない、やったこともないという飼い主さんがほとんどであるという現状があります。

これでは歯の病気にかかってしまう愛犬が増える一方です。

人間ほど頻度は重ねなくても良いですが、必ず行うようにしましょう。

また、するのとしないとでは犬の口内や歯の病気リスクが格段に違いがあり、心配な場合はなおさらすることをおすすめします。

犬も虫歯になる可能性はある

そもそも、犬も虫歯になるのでしょうか?

実は、元来犬に虫歯菌はいないと言われています。

人とキスしたり、他の犬とじゃれ合ったりすることで間接的に菌の受け渡しが行われるのです。

しかし、以下にあげられるような理由のため、そこまで虫歯になるリスクは低いです。

  • 犬の唾液はph8,0以上のアルカリ性であること。
  • 食事に糖質が少なく、アミラーゼという消化酵素が唾液中に含まれていない
  • 咬合面がある歯が少ない。
  • 人間と違い咀嚼する時間が短く、食べ物が口の中にたまってる時間が少ない。

また、虫歯菌の好物である糖分を犬はあまり摂取しません。そのため、人間ほど虫歯になる可能性が低く、あまり歯磨きをしなくてもいいということになるのです。

ところが、昨今は犬に甘い物を与えたりする飼い主も増えている現状があります。そのせいで虫歯になる犬も増えてきました。

また、そうでなくとも、ふやかしたフードや市販のウェットフードは歯に挟まりやすく、様々な菌の温床になることがしばしばあるので、これらを食べさせている飼い主さんは特に定期的な歯磨きを心がけましょう。

歯磨きをしないと歯周病などにある可能性が増える

さて、もしも歯磨きをしなければどうなるのでしょうか?

まず考えられる症状としては歯周病があげられます。これは犬にとって虫歯よりも全然かかりやすい病気です。

歯に歯垢や歯石が溜まることによってこの病気に発展します。

歯周病が進行してしまうと、まず口臭が酷くなります。大体どぶの臭いや生ごみの臭いがすると言われており、飼い主さんはまずこの口臭を頼りに病気を知ることができるでしょう。

次に、食事の時、口の中をしきりに気にしたりもします。これは歯周病によって痛みが発生している証拠なので、重症になっている場合も。

最終的にはくしゃみをしたり鼻水を垂らすようになったりと、口の中のみならず、体全体に疾患が出始めるので、口臭が目立った時点ですぐに病院に連れていきましょう。

次に気にしなければならない病気は先程紹介した虫歯です。

前述の通り、歯周病よりもかかる確率は圧倒的に低いですが、怖い病気です。歯に穴が空いたり変色したりすることもあります。

病院に行って初期段階の内に診断してもらった方が絶対に良いです。進行が早い場合、下手をすると抜歯しなければならないということもあり得ます。

歯磨きをしなければ上記のようなリスクと隣り合わせになるのです。ぜひ、みなさんには歯磨きをしてもらいたいと思います!

上手に歯磨きをする方法

歯磨きをしなければならない理由はわかったものの、どのようにして歯磨きを行えばいいのでしょうか?

基本はやりやすいところからやりにくいところということ。こうすることによって、犬に歯ブラシを慣れさせながら歯磨きを行うことができるのです。

順番としては

  1. 前歯の表面
  2. 奥歯
  3. 歯の裏側

この手順で行ってみてください。

まずは前歯の表面から磨いていきましょう。

その際、使う歯ブラシは犬用かどうしてもなければ子供用歯ブラシなど、柔らかく歯茎を傷つけないものを選びます。

そして、ゆっくりやさしく歯の部分だけを磨きます。人間のようにごしごしとこすらなくても大丈夫です。

次に奥の方の歯にも挑戦。

犬は口の周りの皮が分厚いので、口を閉じていても皮をひっぱると奥歯が顔を出してくれます。無理に口を開けさせようとせず、このような工夫で磨いていきます。

最後に歯の裏側を入念に磨くと完了です。

ポイントは犬と飼い主さんの姿勢です。

まず、飼い主さんが足を伸ばします。両足の間に犬を仰向けにして乗せ、挟み込むような感覚にしてください。

こうすることによって、やりやすくなります。

また、歯磨きをするぞ!っと意気込むと、頭の良い犬はそれを察知して強張ってしまうので、飼い主さんもお遊び感覚のようなラフな気持ちでした方が良いでしょう。

犬の歯磨きをする際の注意点

次に歯磨きをする際の注意点はどのようなものがあるのでしょうか?

3つに要点を絞りましたので、順番に紹介していきます。

歯磨き粉は使っていいの?

犬に歯磨き粉を使ってもよいのか迷う方もいると思いますが、人間用歯磨き粉は絶対にダメです。

メンソールやミントなど、口内に爽やかさを与えてくれる成分が入っているからです。

これらの成分は犬にとって毒になってしまいます。

犬用の歯磨き粉であれば大丈夫です。逆に使った方がより効率的に口内の除菌を行えます。

また、最近ではペットショップなどで犬用歯磨き粉と歯ブラシがセットになった商品も売っているので、歯磨きビギナーの方はまずそれで挑戦してみるのもおすすめです。

人間用歯ブラシでも大丈夫?

あまりおすすめはしませんが、子ども用歯ブラシなど、柔らかい歯ブラシであれば許容範囲内です。

硬い歯ブラシであると、犬の歯茎を傷つけたりして、出血を引き起こしてしまいます

その痛みによって犬が歯ブラシを恐れ、それ以降嫌になり歯磨きをしたがらなくなったりする恐れもあります。

なので、やはりペットショップで売っている機能性の良い犬用歯ブラシを使うのが最も無難です。

歯磨きをする頻度はどれくらい?

できるのであれば毎日しましょう。

こう言うと、さすがに無理・・・となるのではないでしょうか?

あくまでも理想なので、できるならば毎日しようという話です。

では最低どれくらいやればいいのか。個人的には大体一週間に3日くらいで良いと思っています。

前述の通り犬は虫歯になりにくい動物です。歯についた汚れさえ除去できれば良いので、週3日確実に磨いてあげるようにしましょう。

これをするのとしないのとでは、犬の口臭も全然違ってきますので。

どうしても歯磨きを嫌がる子との接し方

様々な方法を探っても愛犬が歯磨きをしたがらない。

そんな時はしつけと同じ要領で歯磨きを覚えさせることが大事です。

手順は簡単なので、順番に実行していきましょう。

手順①口の周りを触っても大丈夫にする

まずは口の周りを触っても良いようにしましょう。

それだけなら一見簡単そうに見えるかもしれませんが、実はそうではありません。

口の部分は犬にとって繊細なところなので、触られるのを嫌がる子もたくさんいます。

なので、口の周りを触っても大人しくしていたらご褒美のおやつを与えるなどをしてしつけていきましょう。

手順②口の中を触っても大丈夫にする

次に口の中です。口の中は口の周りよりも更に敏感な部分です。大多数の犬が嫌がると思います。

これも手順①と同じ要領で慣らしていきましょう。

それに慣れてきたら次は歯や歯茎に触れてマッサージするように少しの力を加えてみてください

その際、飼い主さんが緊張せずにリラックスすることをおすすめします。犬は飼い主さんが緊張しているとすぐに察知してしまうからです。

それにも慣れてきたら歯に爪をたてるなどをして実際の歯磨きと同じようなことをしてみるのも良いかもしれません。

手順③歯ブラシに慣れさせる

次に歯ブラシに慣れさせましょう。

臭いをかがせたり、形状を分からせてあげたりすることによって、決して怖くないものであることを教えてあげます。その際、歯ブラシのブラシ部分にウェットフードを塗ったりして良い臭いを付けるのが良いです。

また、歯ブラシをおもちゃ替わりにして遊ばせるのも良いでしょう。ただし、これをする時は絶対飼い主さんの目が届く範囲でやるようにする必要があります。

手順④事前に歯並びや構造を知っておく

さて、それができたら歯磨きもできそうですね。しかし、その前にまだやらないといけないことがあります。

それは、犬の歯の構造を知ること。元来肉食動物である犬は人間とはまったく違う歯並びをしています。そのため、構造を知らずにやってしまうと思わぬところで躓き、効率の良い歯磨きができなかったり、犬に無駄な緊張を与えてしまう恐れもあります。

犬に歯磨きをするなら絶対に勉強しておいてください。

犬の歯磨きを手助けしてくれるおすすめ便利グッズ

上記の方法を試しても歯磨きをしたがらない子はたくさんいます。

犬にとって、歯ブラシを口に入れられるのは食べ物でない異物を口内にいれているのと同じです。

しかし、それでも歯磨きがしたいというあなたにおすすめグッズを紹介していきます。

フィンガー歯ブラシ

まずはフィンガー歯ブラシというもの。

この歯ブラシは指サックのように指に装着が可能

ブラシだとどうしても嫌がる子も飼い主さんの指なら安心する子もいます。

また、自分の素手で磨いてあげるのと同じなので、より直感的な操作と磨きも可能なのが魅力。

獣医師さんの多くも推奨している商品なので、ぜひ使ってみてください。

シグワン ゼオライト歯ブラシ

歯の汚れをしっかり取りたいのであればこちらの商品です。

Amazonの商品評価も星4を叩き出しており、とても多くの方がリピートしている商品です。

歯ブラシについている歯磨き粉についても、香料や発泡剤を使用していないので、犬にとっても安全安心に使用することができます。また、薬品中には歯石の元になるカルシウムを吸着してくれる成分も含まれます。

なので、長期的にこの商品を使うことによって歯の病気を永遠に予防することができるのです。

マウスクリーナー

こちらの商品は水に混ぜるだけで使うことができる商品です。

愛犬の飲み水300ミリリットルに対して小さじ一杯分の本商品を混ぜます。できた水溶液でガーゼを湿らせてそれで歯を磨いてあげます。

前述したフィンガー歯ブラシと一緒に使うことによってより良い効果を発揮してくれるでしょう。こちらも長期的に使用することによってその効果を実感することができますので、長い期間使い続けましょう。

犬にとっても楽に歯磨きができる歯磨きおやつを選ぶ3つの基準

その名の通り、食物やおやつの中に歯磨き成分が入っており、それを与えて噛んでもらうだけで歯磨きの効果を得られると言うものです。

わたしがおすすめする歯磨きおやつの選び方を紹介します。

まず、選択の基準となるのは獣医師監修かそうでないか

このような医療品系の食品やペット用品は獣医師慣習の物も多く存在します。

普通の道具であれば、監修してもらわなくてもいいのですが、歯磨きおやつのような商品の場合は絶対獣医師監修の元で開発されものの方が良いです。

次に大きさ

犬の大きさに合わせて選ぶ必要があります。

例えば、大型犬に小型犬用の歯磨きおやつを与えたところで噛むことをせず、すぐに飲み込んでしまいます。そうなれば、せっかくの歯磨きおやつの効果も半減してしまいます。

最後に商品の食いつき

購入した歯磨きおやつを愛犬が食べたり噛んでくれなかったらその意味もなくなります。

ガム状の歯磨きおやつは食いつきの悪い傾向にあり、逆にジャーキー状の歯磨きおやつは犬の大好物である肉の臭いがするので食いつきが良い傾向にあります。

ぜひ、これら3つの観点から歯磨きおやつを選んでみてくださいね。

もしも口臭が気になった時は獣医さんに見てもらう

もし、講習が気になったりした場合はすぐに獣医さんに見てもらうのがよいでしょう。

その際にかかる費用や手順をおさえておきましょう。

歯石除去などにかかる費用

歯石除去にかかる費用はなんと3万円~5万円。

ぼったくりかと思われるかもしれませんが、そうではありません。犬の歯石を取るのは例えプロでも容易な物ではありません。そのため、全身麻酔が必要になるのです。

その麻酔代が数万円します。実際歯石を取る作業の代金は3000円ほどで安く、病院によっては麻酔なしで歯石除去を行う場合もあります。

歯石除去の手順

まず、事前検査として血液検査や胸部レントゲンを撮ります。これで麻酔をしても良い体調であるのか、そして歯石がどこに付いているのかを大体知ります。

そして、その後日、再び病院に行き、歯石を取ってもらう作業に入ります。

歯石が取れたら歯をコーティングして再発防止もしてもらうのです。みなさんの手に愛犬が戻ってきたら、真っ白な歯を見せてくれることでしょう!

歯周病になりやすい犬ってどんな犬?

イタリアン・グレーハウンドやダックスフンド、トイプードルがなりやすいと言われています。

特にイタリアン・グレーハウンドは一般的な犬の歯周病発症率が1.4パーセントなのに比べると、15.1パーセントもあります。

このような数字の違いは、顎が小さかったり、歯の噛み合わせが悪かったりすることに原因があると言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

犬の歯磨きや病気の対策について、分かっていただけたかと思います。

歯磨きはもちろん、歯の様々な病気の予防になりますが、それでも磨き残しなど、様々な要因により、病気になってしまうことも。

そのため、毎年一回の歯科検診は欠かせません。歯科検診をしておけばプロが診てくれ、虫歯がの有無だけでなく、歯磨きのやり方についても教えてくれます。大変便利なので、上手に使いましょう。

噛むことが本能の犬にとって歯はとっても大事な器官の一つです。飼い主の皆さんが責任を持って見てあげ、そして守ってあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です