高タンパク質のおすすめドッグフード。選ぶ際の注意点とポイント

ドッグフードの栄養素として含まれている「タンパク質」。

タンパク質が不足すると身体に悪いと良く耳にしますが、実際に「タンパク質」が犬の体内でどのように働いているのかをご存知の方は少ないのではないでしょうか?

ここでは、そんなドッグフードのタンパク質の役割や高タンパク質なおすすめのドッグフードを詳しく紹介していきます。

これから高タンパク質のドッグフードを試そうとしている方の参考になれば幸いです。

犬にとって必要なタンパク質の役割

愛犬に犬にとって「タンパク質」の役割は、愛犬の体に欠かせない存在です。

本来、タンパク質とは約20種類のアミノ酸と呼ばれる成分が鎖状に繋がって出来た栄養素です。

つまり、タンパク質のもとはアミノ酸ということです。

そして、犬の体内ではタンパク質のもととなる、必須アミノ酸10種が形成されています。

しかし、残りの必須アミノ酸10種は体内で作り出すことが出来ないのです。

このため愛犬達は、ドッグフードなどの食べ物から足りないアミノ酸を補給して、体を構成するタンパク質として作り変えています。

そのタンパク質(アミノ酸)の働きは、

  • 筋肉や血液、内臓器官などの形成
  • 皮膚や被毛の維持
  • 体内のエネルギーを作る

上記の3つの働きがあります。

筋肉や血液、内臓器官などの形成

タンパク質は体の臓器の大半に必要とされている栄養素です。

タンパク質が愛犬の体内に入ると一度、アミノ酸に分解され、消化の過程で再びタンパク質に戻り愛犬の筋肉や血液、内臓器官など体を形成する役割があります。

皮膚や被毛の維持

実は皮膚や被毛にタンパク質が行き届くのは、一番最後と言われる部分です。

このため、タンパク質が不足すると皮膚トラブルや毛艶、毛質が悪くなる原因に繋がります。

体内のエネルギーを作る

人と同じように愛犬の体内エネルギーを作るのもタンパク質です。

健康や元気の源であるタンパク質が不足することで体の免疫機能筋力低下、日常の活動にまで影響を与えます。

ドッグフードに使用されるタンパク質の種類は主に2つ

ドッグフードは使用される原材料によって、アミノ酸やタンパク質の量が変わるので、栄養素のバランスに合わせて使用されるアミノ酸の種類が違います。

そしてドッグフードに含まれるタンパク質は大きく分けて2種類あります。

植物性タンパク質

植物性タンパク質とは、その名前の通り植物由来のタンパク質のことです。

例えば、食品なら

  • 小麦
  • 大豆

上記がこれに当てはまります。簡単にいえば穀物類豆類などは植物性由来のタンパク質です。

種類によっては野菜果物などでもタンパク質が含まれてる場合は植物性タンパク質に挙げられます。

動物性タンパク質

動物性タンパク質とは肉類魚介類を含む動物由来のタンパク質のことです。

例えば、

  • 牛・鳥・豚
  • 白身魚
  • サーモン
  • 乳製品

上記がこれに当てはまります。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の違い

動物性植物性の最大の違いは、必須アミノ酸の含有量です。

動物性タンパク質の多くは9種類の必須アミノ酸が含まれていますが、植物性タンパク質はアミノ酸が不足しているものがあります。

また犬の体内吸収率も、犬が本来肉食動物であるため

  • 動物性タンパク質の方が吸収されやすい
  • 植物性タンパク質は犬の体内に吸収されにくい

とされています。

このため犬におすすめのタンパク質は、チキンやラム肉などの肉類から摂取する豊富な動物性タンパク質です。

愛犬におすすめラム肉のドッグフードを選ぶポイントと栄養価について

タンパク質を摂取する際の注意点

タンパク質は積極的に摂取したい栄養素ですが、過剰摂取から引き起こる問題やタンパク質の不足が引き起こす影響もあります。

タンパク質の過剰摂取から引き起こる問題は、

  • 腎臓のトラブル
  • 肝臓のトラブル
  • 肥満

上記の3つです。

また反対にタンパク質不足からの影響は、

  • 皮膚や被毛の調子が悪くなる
  • 筋力の低下
  • 免疫力の低下
  • 皮膚病の疾患にかかりやすくなる
  • 基礎代謝の低下

上記の5つです。

見ての通り犬の体を作るタンパク質の不足の影響は、過剰摂取から引き起こる問題よりも多く愛犬の体への異常が多々見受けられます。

このため愛犬には適切な量のタンパク質を与える必要があります。

【年齢別】タンパク質のおすすめ摂取量

愛犬の体に必要なタンパク質を愛犬の年齢に合わせて与えることは健康を保つことが出来ます。

ここでは愛犬の年齢に合わせたタンパク質の摂取量を詳しく紹介しています。

子犬(約12ヶ月まで)は1kgあたり9.6g

子犬の場合、一日に必要なタンパク質は1kgあたり9.6gです。

子犬は体の成長にタンパク質がより多く必要とされているため、成犬の約2倍のタンパク質の摂取が求められます。

そのため、子犬には子犬の成長に必要な栄養素が豊富に含まれている「子犬用のドッグフード」を与えましょう。

成犬は1kgあたり4.8gでシニア犬は少し多め

成犬の場合、一日に必要なタンパク質は1kgあたり4.8gです。

ただし、シニア犬の場合、一日に必要なタンパク質は、成犬よりも多く摂取させるようにしてください。

成犬やシニア犬は子犬より必要とするタンパク質が少なくなりますが、体内を構成するためにタンパク質は欠かせません。

シニア犬や成犬の体に適した「低カロリー、高タンパク質」のドッグフードを与えましょう。

タンパク質量の計算の仕方

ちなみにドッグフードのタンパク質量を計算する方法がわからないという方のためにここでは簡単な計算方法を紹介します。

ドッグフードが成犬用でたんぱく質の量が「25%」と記載されており、与えるフードの量が「150g」の場合の計算は、

150g(フード)×0.25=37.5g

一食あたり37.5gのタンパク質が入っていることになります。

注意点ですが、植物性タンパク質やタンパク質の吸収を妨げる添加物が含まれていた場合は、計算で割り出した全てのタンパク質が体内に吸収されるとは限りません。

高タンパク質のドッグフードを選ぶ際の3つのポイント

ドッグフード選びの基本となるのは「高タンパク質なドッグフード」です。

それはよく耳にする言葉ですが具体的には

「高タンパク質が含まれるドッグフードってどのようなものなの?」

と疑問を抱く飼い主様も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな高タンパク質なドッグフード選び方を紹介します。

主なポイントはこの3つです。

  • 子犬用ドッグフードはタンパク質量30%以上のものを選ぶ
  • 成犬用ドッグフードはタンパク質量25%以上のものを選ぶ
  • 肥満寄りの愛犬の場合、脂質にも気を付けること

子犬用ドッグフードは30%以上のものを選ぶ

子犬の時期は、体が大人へと成長するために成犬の約2倍のタンパク質を必要としています。

子犬の成長をサポートし、丈夫な骨や理想的な筋肉を作るため、子犬用ドッグフードはタンパク質量が30%以上のものを選びましょう。

成犬用ドッグフードは25%以上のものを選ぶ

成犬は子犬ほどタンパク質を必要としませんが、タンパク質は体に必要な栄養素です。

タンパク質が不足しないように成犬用ドッグフードはタンパク質量が25%以上のものを選びましょう。

肥満寄りの愛犬の場合、脂質にも気を付けること

タンパク質と同様に、脂質は毛並みや皮膚の健康を保つ働きがあり、愛犬には必要な栄養素ですが、脂質とはイコール脂肪のことなのです。

このため、脂質を摂り過ぎると肥満へと繋がります。

愛犬の脂質に必要な計算は以下に記載しているので、参考になれば幸いです。

  • 子犬の場合、脂質は約2.2g×(愛犬の体重)kg=(愛犬に適切な量)
  • 成犬の場合、脂質は約1.1g×(愛犬の体重)kg=(愛犬に適切な量)

また、上記のポイントが含まれたものを選ぶことで必要な高タンパク質や適切な脂質量が摂取出来ます。

高タンパク質のドッグフードランキングベスト4

上記で紹介したポイントを元に、高タンパク質が含まれるおすすめのドッグフードを4つご紹介します。

どれも品質が優れた高タンパク質のドッグフードなので、高タンパク質が含まれるドッグフード選びの参考にしてみてください。

1位 タンパク質38.00%以上の『オリジンドッグフード』

 

項目オリジンオリジナルドッグフード

価格(2kg)5,184円

原材料名新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆,新鮮チキンネック, 新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, 乾燥ケルプ,フリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ 七面鳥レバー,新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

成分分析 粗たんぱく質38 %(以上)、 粗脂肪18 % (以上) 、粗繊維 4 % (以下)、水分12 %(以下)、 カルシウム 1.2 %/ リン0.9 %(以上) 、  オメガ6脂肪酸3.3 %(以上)、 オメガ3脂肪酸0.8 % (以上) 、DHA 0.2 % / EPA0.2 % (以上)  グルコサミン 700 mg/kg(以上)コンドロイチン硫酸 600 mg/kg (以上)

原産国アメリカ

堂々の1位に輝いたオリジンのドッグフードのタンパク質の割合は、38.00%以上と1位に相応しい高タンパク質の割合を誇ります。

またオリジンのドッグフードは犬の体に適した動物性肉材料の割合が80%あります。

オリジンドッグフードの魅力は高タンパク質や動物性タンパク質が豊富というだけでなく、使用されている原材料は全て人間基準(ヒューマングレード)、グレインフリー(穀物不使用)、無添加という点です。

2位 タンパク質33.00%の『カナガン』

項目カナガンドッグフード             

価格(2kg)4.960円

原材料名 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ  

成分分析 粗タンパク質33.00%、脂質17.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.50%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、オメガ3脂肪酸0.90%、リン1.42%、マグネシウム0.10%、ナトリウム0.24%、カルシウム1.86%、カリウム0.58%、エネルギー(100gあたり)約361.25kcal            

原産国イギリス

タンパク質の割合ではオリジンに1位を取られましたが、カナガンドッグフードに含まれる「タンパク質と脂質」の割合は、

  • タンパク質33.00%
  • 脂質17.00%

と数あるドッグフードの中でも、高タンパクなドッグフードです。

またカナガンの魅力は最高級のグレインフリードッグフードと掲げられるほど、穀物不使用かつ厳選されたヒューマングレードの原材料を使用しており、愛犬の健康維持に効果的な食材が数多く使用されているという魅力があります。

3位 タンパク質30.00%の『ネルソンズ ドッグフード』

 

項目ネルソンズドッグフード

価格(2kg)4.964円

原材料名 乾燥チキン(28%)、チキン生肉(20%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、鶏油、バターナッツスカッシュ、チキングレービー、サーモンオイル、エンドウ豆繊維、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸銅(II)五水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸亜鉛一水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、海藻パウダー、グルコサミン、クランベリーエキス、コンドロイチン、ニンジン、グリーンピース、カボチャ、リンゴ、ナシ、ブロッコリー、パースニップ、ペパーミント、パセリ、フェンネル、マリーゴールド、ショウガ、ブドウ種子、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

成分分析 粗タンパク質30.00%、脂質15.00%、粗繊維2.5%、粗灰分7.5%、水分8.00%、オメガ6脂肪酸2.2%、オメガ3脂肪酸0.24%、リン0.90%、マグネシウム0.08%、ナトリウム0.18%、カルシウム2.20%、カリウム0.50%、エネルギー(100gあたり)約362kcal

原産国イギリス

ネルソンドッグフードに含まれるタンパク質と脂質の割合は

  • タンパク質30.00%
  • 脂質15.00%

と大変バランスの良い配合をされています。

また、ネルソンドッグフードは添加物不使用や穀物不使用とアレルギー体質の愛犬にも対応しており、皮膚病に悩む飼い主様から高い評価を得ているのも魅力の一つです。

そして

  • 腸内環境を整えるオリゴ糖
  • グルコサミン
  • コンドロイチン

の配合により愛犬の健康維持に役立ちます。

4位 タンパク質28.00%の『モグワンドッグフード』

 

項目モグワンドッグフード

価格(2kg)4.958円

原材料名 チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

成分分析 粗タンパク質28%、脂質12%、粗繊維3%、粗灰分8%、水分8%、オメガ6脂肪酸1.63%、オメガ3脂肪酸1.29%、エネルギー(100gあたり)約344kcal

原産国イギリス

今回、4位にした「モグワンドッグフード」は犬の体に吸収されやすい動物性タンパク質は50%以上を使用しており、フードに含まれるタンパク質の割合は28.00%、脂質は12%と非常に高タンパクのドッグフードです。

またモグワンドッグフードの魅力は、動物栄養管理士が愛犬の健康や栄養バランスを考えて作った限りなく手作りに近いドッグフードであり、原材料は全て人間基準のヒューマングレードと無添加という点です。

まとめ

高タンパク質のドッグフードとは、愛犬の体を構成するうえで欠かせない栄養素「タンパク質」が豊富に含まれたドッグフードです。

飼い主様が愛犬の体に適した「タンパク質」の摂取量を計算して、愛犬に相応しい高タンパク質のドッグフードを与えましょう。

また、ランキングでご紹介した高タンパク質のドッグフードは、高品質、高タンパク質のドッグフードなので予算や愛犬の体質に合わせて、ぜひ選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です